床暖房でダニを倒す

普段人間の目には見えませんが、ダニという繁殖率のとてもたかい虫が存在します。害のないものから、噛んでくるものなど種類はとても多いです。害のあるものでは、身体がかゆくなったり湿疹ができてしまうものもあるので、十分気をつけたいものだと思います。ダニは主に、カーペットなどに繁殖しやすいと言われています。ここで温水式の床暖房が設置してあれば、ダニは表面に出てきます。ダニは熱に弱いので、カーペットの中にいたダニも自然と表面に出てきてくれるのです。掃除機やドライシートなどで掃除をすることで、ダニを一斉除去することが可能なので、ダニ対策にも床暖房はとても効果があるのでおすすめです。カーペットで過ごすのであれば、目に見えないダニも防止することで、より快適に過ごすことができると思います。

床暖房はすぐに温まるものではない反面、すぐに冷えるものでもありません。そのため、スイッチを切った後でも余熱がしばらくつづくため、室内を長時間一定の温度に保つことが可能となっています。また、床暖房にはサーモ機能と言うものがついています。サーモ機能とは、お部屋が一定の温度になると感知し、自動的に運転をエコモードに切り替える機能となっています。長時間フル活動しているわけではないので、これだけでもかなりのコストを抑えることが可能となっています。また、こまめにスイッチをオン・オフするよりも、お部屋を長時間留守にする場合のみ切る方がコストを抑えることが可能です。使っていないお部屋の電気を消すなどはコスト面で有効ですが、床暖房はこまめにオン・オフしてしまうと運転でコストがかかってきます。サーモ機能を利用した方が、コストを抑えることができるのでおすすめします。